働く原動力の”目指すもの”を実現させましょう!より良い経営環境・職場づくりを提案します。 大阪市の 社会保険労務士法人 大竹事務所

SRPⅡマーク

大竹事務所
詳しくはこちら
事務所通信
RSS

2022.10.1「事務所通信10月号をUPしました!」

カテゴリ : 事務所通信
事務所通信10月号をUPしました。

事務所通信10月号

2022-10-01 09:00:00

資格を取得致しました

カテゴリ : Staff Blog
私事ですが、この度「キャリアコンサルタント」という資格を取得致しました。
たまたま少人数制の講義の場面で、複数名のキャリアコンサルタントの方に出会ったことが取得しようと思ったきっかけです。
これは私にとって「縁」だったんだと思います。
今はこの資格を取って終わりではなく、どの様に今の仕事を広げていけるのか考えている、正にスタートラインです。


今日はあるお客様と電話でお話をしていたのですが、せっかくウチに来てもらったのに、一日どころかその日のお昼休みに出かけて帰って来なかった…、ということでした。
私はその場でお話を聴くことしか出来なかったのですが、会社とご本人はどう思ったのか、次からどうすれば良いのかと考えを巡らせました。


日頃は会社側のお話を伺うことが多いのですが、今後は従業員さんのお話も聴ける機会が増えたら良いなぁと、ざっくりと考えております。
例えば、若手社員の方や入社したばかりの方で、思い描いている自分と仕事(社会)とのギャップに悩んでいる等、です。
会社を辞めようと早々に決断する前に、私にお話が聴けるのではと、近い将来に対してイメージを膨らませていっています^^


おぎの
2022-09-27 13:10:49

【泊りがけの旅行】

カテゴリ : Staff Blog
きっかけは、娘からのこんな一言でした。
「パパ、アンパンマンミュージアムに、つれていってください。」
(実際にはもう少したどたどしく話しています。それがまた可愛いのですが。)


このおねだりを聞いたのが「9月8日(木)」で、翌週「9月17日(土)」に出発というプランで検討を開始しました。
神戸に最寄りのミュージアムがあるのですが、こちらは以前に行ったことがあります。
そこで、今回は名古屋(実際には三重県桑名市にあります。)のミュージアムに行くことにしました。
「日帰りか泊りがけか」「泊りがけならもう1日はどう過ごすか」「泊まるならどこに・・・」など、考えることがたくさん出てきます。
妻と一つ一つ話をして、ミュージアムのチケットや宿泊場所の予約は決まり次第すぐ申し込み。
そうやって何とか出かけられる準備を整えました。


事前の準備もさることながら、当日は当日で色々な事が起きます。
車では初めて行く場所なので、勝手も分からず道を間違えそうになったり、ホテルの最寄りのパーキングが思っていたより遠かったり。。。
(妻の祖母が名古屋市内にいらっしゃるのですが、直前まで迷っていた訪問が急遽決まったり。)
帰りも高速道路を降りて地元まで帰ってきたと思ったら、家とは逆方向に走ってしまっていたり(汗)。


そんな中で、「想定すること」の大切さを改めて実感しました。


そしてこれは、仕事でお客様のところへ訪問する際にも同じことだと思います。
「いつ出るか」「どのルートで行くか」「途中事故などあった時はどのルートに変えるか」といったことをきちんと把握しておくと当日の不安が少なくなります。


結果気持ちに少しでもゆとりができると、周りのことがよく見えたり聞こえたりするので、新しい事や面白い事が発見できたりします。
(そしてこれが、お客様のところでお話する内容になったりもします。)


私はルートや時間、最寄り駅等から会社様までの距離などをある程度は把握してから行くようにはしていますが、まだまだできることがあるなと思いました。
改めて色々なことを「想定しながら」確認することにします。


にしぐち
2022-09-27 08:53:04

「日本酒発祥の地」

カテゴリ : Staff Blog
「日本酒(清酒)」の発祥はどこかご存知でしょうか?


正解は「奈良県」です。


奈良公園から4~5km程南東にある「菩提山正暦寺」というところから始まりました。



室町時代に、大きなお寺が経営難となってきました。


そこで、お金を稼ぐ手段として、「酒造り」が始まった様です。


なぜお寺で出来たか?


①広い土地でお米があった。
②多くの人を集めることができた。
③綺麗な水があった。


そこで造ったお酒を、貴族に売って稼いでいたそうです。
お酒は冬の寒い時期に仕込んで、というイメージですが、この当時は貴族のお月見に間に合わせるため「夏仕込み」だったそうです。


この様に、お寺の経営に資するお酒を「僧坊酒」といいます。


「僧坊酒」は他にも、河内長野の「天野酒」なども有名です。


かの織田信長も、安土城に徳川家康を招いて、正暦寺のお酒を振る舞っていたそうです。


昨年(2021年)、途絶えていた「正暦寺のお酒=『菩提泉』」が500年ぶりに復活販売されたそうです。


1本15,000円ですが、是非とも味わってみたいものです。


おおたけ
2022-09-26 20:28:06

2022.9.1「事務所通信9月号をUPしました!」

カテゴリ : 事務所通信
事務所通信9月号をUPしました。

事務所通信9月号

2022-09-01 17:01:48

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ