働く原動力の”目指すもの”を実現させましょう!より良い経営環境・職場づくりを提案します。 大阪市の 社会保険労務士法人 大竹事務所

SRPⅡマーク

大竹事務所
詳しくはこちら
事務所通信
RSS

「西山酒造場さまの酒造り」

カテゴリ : Staff Blog
『唎酒師』の資格を取ってから、特に日本酒の銘柄やその蔵の来歴などに興味を持つようになりました。

社労士としては、「酒蔵」には100年以上続く会社も多くありますので、その経営手法などにもとても興味があります。


ある会合で、来年6月までの1年間、ほぼ毎週、何らかのお酒やお酒蔵を紹介するという任務ができてしまいました、、、
(自ら追い込みましたが・・・)

そこで、時折、こちらでもお酒をご紹介して参ります。


今回ご紹介するお酒は・・・

「美白酵酒(びはっこうしゅ)」





「低アルコールで飲みやすい、朝から飲みたくなるほど、爽やかなお酒」

と紹介されている通り、とっても飲みやすく、まさに今の時期の乾杯の1杯にも最適です♪



続きまして、会社のご紹介です。

詳細は、以下ご参照ください。

https://kotsuzumi.co.jp/concept/




社名        株式会社西山酒造場

所在地    〒669-4302 兵庫県丹波市市島町中竹田1171

創業        1849年(嘉永2年)

企業理念 「丹波のリラクゼーションの創造と提供」



かの有名な俳人「高浜虚子」さんと関係がある酒蔵さんです。

 
「高浜虚子は、日本の明治・大正・昭和の時代にわたって活躍した俳人。五七五のたった17文字の中に、「花鳥諷詠」「客観写生」を読み込む俳句の第一人者でした。西山酒造場の三代目蔵主「亮三」は、1902年に34歳で亡くなった正岡子規の辞世の句にいたく感激し、子規の弟分である高浜虚子を紹介されました。その後、二人は交流を重ね、高浜虚子の一番弟子となり、「泊雲」の俳号を名乗ります。」

 
「西山酒造場は末の弟の相場の失敗などで事業が立ち行かなくなります。その大ピンチを救ったのも高浜虚子でした。清酒の銘柄を「小鼓」と命名、「ここに美酒あり名づけて小鼓といふ」という句を詠みました。この句は今も主屋にあります。そして、販売方法も画期的。俳句雑誌「ホトトギス」で「小鼓」を大々的に宣伝するだけでなく、今で言う雑誌からの通信販売を行いました。俳句雑誌に掲載されたことで、新しい顧客も増え、さらに多くの文人墨客が丹波の西山酒造場を訪れるようになりました。」

とHPにご紹介があります。


「100年企業」には、なぜだか周りから助けてもらって永続する企業が多くあります。


従業員さん、取引先さま、地域。

困ったときに色々なところから手助けされる。

そんな企業になりたいものです。



おおたけ
2022-07-26 16:09:51

採用面接について

カテゴリ : Staff Blog
ただ今、お客様の採用(弊所の採用も含め)業務について、何かお手伝い出来ればと思い少々勉強をしております。
今回はその中で得られた知識や情報をお伝え出来ればと思います。


①面接ではまず最初に会社紹介や自己紹介(社長が面接されるなら社長の自己紹介)を
面接の時に、「あなたの自己紹介をして下さい」「うちを志望した理由は何ですか?」「自己PRをして下さい」と、こちらから相手の方に尋ねていることが多いかもしれません。
私も面接を受ける時は、こういった話が多かったように記憶しています。
そうではなく、相手に話を聞く前に社長が自己紹介をし、相手の方に話をしてもらいやすい環境をまず整えるのっていかがですか。


②応募があれば、すぐに相手の方に電話連絡を
インターネット上で募集をかけている会社が多いかと思います。
応募があったことがわかれば、すぐに相手の方と電話連絡を取り、会社見学と面接のやり取りをしてみてはいかがですか。
会社からの連絡までに時が過ぎれば過ぎるほど、相手の方の熱量も冷めてしまうからです。
履歴書は会社で用意しておいて、その場で左半分だけ書いてもらって、あとは面接の中で知っていくという方法もあります。


募集をかけているのに、なかなか応募が来ないと仰るお客様の話をたくさん聞きます。
会社のお仕事内容や待遇をすぐに変えることは難しいですが、「面接方法」はすぐにでも変えることが出来るかもしれません。
少しではありますが、ご参考になれば幸いです。


おぎの
2022-07-25 12:52:32

【プロの知識、技術、経験~後半~】

カテゴリ : Staff Blog
前回は、息子の散髪をした話から、散髪屋さんのお仕事ぶりの素晴らしさに気付くというお話をしました。
今回はその続きです。
息子の散髪を通じて気付いた散髪屋さんの「プロの仕事の素晴らしさ」。
この「プロの仕事の素晴らしさ」とは個人的には「お客様に安心してもらえること」と考えています。
散髪屋さんで言えば、
 ・途中で寝てもきちんと仕上げてくれる
 ・ふいに動いてしまっても安全にカットしてくれる
 ・無駄な時間はかけず、スピーディに仕上げてくれる
 ・カット中、変に緊張しないように話しかけてくれる
 (人によっては話しかけないようにしてくれる)
これらがあるから、お客様は安心して散髪屋さんに行くことができます。
私たちで言えば、
 ・手続きや給与計算を正しく適切な時期に完了する
 ・質問や相談に対して、スピーディにかつ的確に答える
 (自分たちの専門外のお話であったとしても、けんもほろろな態度ではなく何かお話できることをお伝えする。)
 ・相談者の立場に立った視点で考える
 ・すぐに駆け付ける
こういったことを積み重ねることで、安心して「大竹事務所にお願いしよう/話してみよう」と思って頂けると考えます。
「簡単なことではない」ようですが、意識の持ち方や心がけについてはすぐにできるものでもあります。
できないことをあげつらうより、できることからやっていくという思いを改めて持ちました。

(にしぐち)
2022-07-15 15:00:00

【プロの知識、技術、経験~前半~】

カテゴリ : Staff Blog
とある週末に、8か月の息子の散髪をしました。
私が独身の時に買っていたバリカンを使ったのですが、初めて自分以外の人の頭を刈りました。
・・・色々と勝手が違って大変でした。
〇妻の意見により丸坊主が却下されたため、やったことない髪型に挑戦することになったり
〇生後8か月なので、そもそもこちらの言うことを聞いてじっとしませんし、バリカンの音を怖がって動いたりもします
〇妻が抱っこして支えてくれていましたが、妻が持っているところと自分が刈ろうとしているところが重なったりして危なかったりもしました
(仕上がりについては、妻やそれぞれの両親からは概ね好評でした♪)
この点散髪屋さんは、相手も子供から大人まで様々な方を相手にします。
中には寝てしまったり、急に動くかもしれないという人たちを相手にスピーディにかつ綺麗に仕上げます。
しかも散髪中には軽妙なトークまでされるのです。
(上手いか下手かも、トークが軽妙かどうかも、個人差があるとは思いますが。。。)
改めてプロの仕事の素晴らしさを思い知りました。
~次回に続きます~

(にしぐち)
2022-07-14 17:43:20

2022.7.1「事務所通信7月号をUPしました!」

カテゴリ : 事務所通信
事務所通信7月号をUPしました。

事務所通信7月号
2022-07-01 09:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ