働く原動力の”目指すもの”を実現させましょう!より良い経営環境・職場づくりを提案します。 大阪市の 社会保険労務士法人 大竹事務所

SRPⅡマーク
職場環境改善宣言企業認定証

大竹事務所
詳しくはこちら
事務所通信
RSS

「100年企業の特徴とは?」

カテゴリ : Staff Blog
私は昨年まで3年間、『100年企業研究会』というところで勉強をさせて頂いておりました。

日本全国の社労士さんが集まり、「100年企業とは!?」を研究する勉強会です。

先日、『日刊ゲンダイ』紙に大きく『100年企業研究会』のことが取り上げられていました(2023年1月31日付)。

少しご紹介致します。


私たちの言う「100年企業」とは、単に長く続いているだけの会社を指しません。
その特徴は?記事から一部抜粋致します。


「日本人の道徳観や知恵が凝縮された『潰れない仕組み』を持った組織です」
「会社の存在が社員にとって、生活や人生そのものだから。~中略~ 潰れそうになったら会社を救おうとするステークホルダーが、継続的に育まれる仕組みを持っているんです。だから潰れそうになるけど、潰れないんです」
とあります。


①経営者
「社員を他人とは思わず、身内だと思う人が多い。それが一番大切な適性で、能力や才覚は2番目。300人規模までの会社ならばその様な感じが多いです」


②社員
「決して、いい子ちゃんばかりではないし、職場の雰囲気も必ず良いわけではない、口汚い言葉も飛び交うこともあるが、本当の家族みたいな感じです。でもピンチになれば頑張ります」


③就業規則など
「一度採用したら最後まで面倒をみる。能力不足にもできるだけ寄り添う。整理解雇は絶対に避けようとする。しかし他の社員や皆の害になる社員は、いくら能力があっても排除しようとする(懲戒)。労働法においては整理解雇が一番容易で、懲戒が一番難しいですから、100年企業の姿勢は逆の立場ですね」


④給与
「一般的には社員の能力に応じ給与額を決めますが、100年企業は違います。社員の『生活』に応じて金額を決める傾向がある。家を買った、子どもが大きくなったら、『なんぼいる?ほな、夜勤してな』と社員に頑張らせます。生活に応じ、必要な給与額が決まり、それに合わせ、人はアウトプットを変えていく。そんな認識があるようです」


「100年企業は(人と人の)関係性の質を高める仕組みを持っています。人はお互いを知れば知るほど優しくなるものです。会社に家族が出入りする仕組みがあったり、インフォーマルな飲み会や餅つき大会をやったり。慶弔休暇や慶弔規定もしっかりしている。お互いがより知り合い、お互いに優しさを発揮しやすくなる仕組みがありますね」


皆さまの会社はどうでしょうか?



おおたけ
2023-02-13 21:07:02

【トラブルになって分かること】

カテゴリ : Staff Blog
先日寒さが厳しい1週間がありました。
近畿地方でも各所で雪が降りました。


道路状況や公共交通機関が乱れる中、「通勤できない」「移動先から戻ってこられない」「遅刻が避けられない」といった事態が生じる会社様も少なくなかったと思います。


そんな中で、「欠勤?有給休暇を使ってもらう?いっそ特別休暇?」とか、「公共交通機関は遅延証明があるけど車や自転車の方はない。どうしたらよいか?」といった疑問に直面し、ご相談頂くことがありました。


個別の問題に対する考え方はここでは書きませんが、こういう機会であったからこそ改めて会社の考え方やルールを見返してみるというのは良いと思いました。


この時に、単にルールを見返すだけではなく、「そもそもうちの会社ってどんな理念や行動指針を持っているのか」といった観点から見直してみるとなお良いと思います。


もしも「改まって見てみたらうちには理念や指針がなかったなぁ」と思われた方は、これを機に会社で考えてみてはいかがでしょうか。


お声がけくだされば、私たちもお手伝いさせて頂きます!


にしぐち
2023-02-08 09:19:47

2023.2.1「事務所通信2月号をUPしました!」

カテゴリ : 事務所通信
事務所通信2月号をUPしました。

事務所通信2月号

2023-02-01 09:00:00

「世界平和について。」

カテゴリ : Staff Blog
さて、国際情勢をみますと、ロシアとウクライナの戦争が未だ継続しています。

どちらが悪い、ということはさておき、一般市民が犠牲になっていることには、非常に胸が痛みます。

 
そういったことについても、色々な会合での勉強が役に立つなぁというできごとがありました。

私の所属するロータリークラブの活動は、平和な世界を築く、ということにも貢献しています。

 
昨年12月にあった地区の会議にて、千玄室大宗匠がご講演をなさいました。

御年99歳にして、スティーブ・ジョブズかのように、お話しの間中ずっと舞台を動き回っていらっしゃいました。

凄まじいエネルギーです。

 
そこで仰っていたことでとっても印象に残っていることがあります。
 
「よく聞かれるのですが、お茶碗を回すのは何回ですか?と。何回なんて決まりはないのです。あれは、真正面からちょっとずらす、それが『謙虚な心』なのです。その気持ちを皆が持てば、戦争は避けられます。」
 

街中で歩いていましても、携帯電話を見ながら歩いている方だけではなく、前を見て歩いてきている方ですらも、人を全く避けようともしないで、ぶつかってくることが多くあります。

ロータリークラブで勉強をするということは、こんなことなのかなぁと思った次第です。



おおたけ
2023-01-27 18:16:47

「泡盛!」

カテゴリ : Staff Blog
先日、生まれて初めて沖縄へ行って参りました。久し振りの家族旅行でした。


ということで、今回は沖縄の「泡盛」についてお書き致します。
 

私は、焼酎はあまり飲みませんし、むしろ「泡盛」は好きではありません。


ですが、今回の旅行で感じたことは「その土地のごはんに合うのはその土地のお酒」ということでした。



今は様々な地方の日本酒が、大阪のお店でも手軽に飲むことができます。



ですが、その地方のお酒はその地方のお食事に合わせるとしっくりくるなぁと感じます。


実際、私の得意ではない「泡盛」も、沖縄のお店で、その風、匂いを感じながら、その土地で取れた食材と合わせることで感動を覚えるくらいに美味しくいただくことができました。

 

さて、有名な泡盛で『瑞泉』というお酒があります。

首里城公園に見学に行きますと、「瑞泉門」というところがあり、そちらがお酒の由来だそうです。



少し歴史をお伝え致します。



(瑞泉酒造株式会社HPより)

その昔、琉球王府は高い品質を保持するために、首里三箇と呼ばれる首里の城下町、崎山・赤田・鳥堀でのみ泡盛の醸造を許可し厳しい管理下におき、伝統の味を守り続けてきました。


かつて首里城内の第二門に登る石段途中にこんこんと湧き出る泉があり、正式名は「瑞泉」でありますが、 水は、龍頭を形取った樋口から出てくるので通称「龍樋(りゅうひ)」と呼ばれています。その泉から流れる水は清冽そのもので、周囲には泉を讃えた碑文数本建てられていたようです。


この清らかな泉のように清冽で芳醇な酒造りをめざし、また伝統ある泡盛造りがますます発展し、代々永く受け継がれていくように願い、この泉に因んで銘柄に“瑞泉”と命名したといわれています。


おおたけ
2023-01-27 18:11:33

前へ 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ